D-INTERNSHIP

D-INTERNSHIPとは「龍の仕事展」を大学生の人材育成として活用したインターンシッププログラムです。

運営:龍の仕事展実行委員会 〒710-0052 岡山県倉敷市美和2-10-18 PROJECT-G内TEL.090-7502-6177

運営方針

参加条件

下記の3つの条件を満たす大学生(1年生・2年生大歓迎です) 
 
 ①[必要書類ダウンロード]から募集要項をダウンロードし、内容をすべて熟読し、企画概要を理解し参加する。 
 
 ②各自、目的を明確にして参加する。 
 
 ③必須の研修プログラムへすべて参加する。 
 
【事前研修】(2日)、【企業研修】(2日~3日以上)、【中間研修】(1日)、【直前研修】(1日)、【PDCA実践(龍の仕事展)】(7日以上)、【成果発表】(1日)の研修にすべて参加することが条件です。 
 

講師:森田恵子(マナーコミュニケーション / ビジネスマナー / 口頭表現 担当)

 
おかやまアナウンス・ラボ株式会社(OAL) 代表取締役 
 
フリーアナウンサー 
一般財団法人生涯学習開発財団認定コーチ 
後継者の軍師認定コンサルタント 
就実大学表現文化学科非常勤講師 
ノートルダム清心女子大学日本文学科非常勤講師 
第十二代おかやま着物文化人(びと) 
 
大学在学中、RSK山陽放送ラジオ『サンデーベスト』第14代サンベスガールとして番組パーソナリティーを3年余り担当。(その間『森田恵子のふらり下津井』など企画番組も担当) 
 
大学卒業後、KSB瀬戸内海放送入社。入社日より朝の情報番組のキャスターとして登板。情報、スポーツ、各種特別番組、全国中継、イベント、ナレーションなど様々な分野を7年間務める。その間ディレクターとしてもドキュメンタリー番組制作、音楽番組制作に携わる。 
その後、NHK岡山放送局キャスターとして 5年勤務。夕方の情報番組キャスターとして、多岐に渡る分野を自ら取材・コーディネーションを行う。(この間、全国中継、特別番組担当の他、ナレーションなども数多く担当) 
フリーアナウンサー以降、NHK高松放送局、TSCテレビせとうちで様々な番組を過去に担当。各種式典、イベント、トークセッション、パネルディスカッションの進行を含めた司会など多数。 
現在、FM岡山「FreshMorningOKAYAMA」(水)(木)を担当し10年目になる。 
 
自身の「人生の柱」として捉えている「コミュニケーションを中心とした人財育成」では、コーチングを主とするコミュニケーション研修・セミナー、ファシリテーション、リーダーシップ、階層別、問題解決研修、実践を中心とするマナー研修や各種セミナー・講座などを、企業、行政、医療、教育関係、団体、個人などの場で多数実施。 
公的機関、教育機関での就職支援セミナーも数多く担当。 
「具体的でわかりやすい進行」「的確なフィードバッグ」「抜群の安心感」など、もう一度受けたいセミナーとして定評がある。 
自社での独自セミナー・個別セッションでも、後進の育成に力を注ぐ。 
「OAL基礎コース」では、アナウンサーを目指す人だけでなく、就職活動や仕事・職場に活かすための話し方やコミュニケーションの基本を学ぶ場として、学生・社会人の目標に向けて丁寧に支援を行う。 
「OAL研修講師・トレーナー養成コース」では、企業内、組織内のリーダー、講師としての職を目指す人、プロとして仕事をしている人たちが「自身のありたい姿の実現と真の人財育成の担い手になる」ためのコースとして、徹底したサポート体制を行っている。 
 
著書:「ガレリアを風が吹き抜け~きびきびワイド505を訪れた人たち」(吉備人出版) 
   「和みおかやま」(ソウルノート) 
 

講師:原 浩之(キックオフセミナー / PDCAサイクル・プログラム 担当)

 
◆奨農土地株式会社 代表常務取締役 
 
◆略 歴: 
 ・岡山県倉敷市出身(1966年) 
 ・同志社大学1991年卒 
 ・1991年 倉敷紡績株式会社(クラボウ(KURABO)) 
 ・2002年 株式会社サイバックス 
 ・2004年 株式会社四谷大塚 
 ・2007年 株式会社リアライズ 
  ※主に管理部門にて採用・教育などを担当 
 ・2010年 帰郷 奨農土地株式会社 取締役として勤務 
 ・同  年 倉敷天文台 職員 
  大正15年に曾祖父が設立した天文台を 
  維持・発展させていくために様々なイベントを企画中 
 ・2011年 以下の目的で「倉敷路地市庭」を実行委員長として立ち上げる 
  ①空洞化した倉敷市中心部に市を立てにぎわいを創出する 
  ②県内産の有機無農薬野菜などこだわりの商品を高齢者や子供に食べてもらう 
  ③生産者と地元民の笑顔あふれる場とする 
 ・同  年 龍の仕事展へ参画 
 ・2013年 龍の仕事展インターンシップ担当 
 ・2016年 くらしき作陽大学 非常勤講師 
 
◆賞歴: 
 ・2012年 第20代岡山きもの文化人(びと)表彰 
 
◆メッセージ: 
学生の採用に携わっていたとき、学生のうわべだけの面接トークを何度聞いたことか…。 
彼らになかったのは経験。様々な経験をした学生は真剣にやってきたからこそ、その目は輝いているし、自信に満ち溢れています。採用担当も馬鹿じゃありません。それくらいわかります。 
採用担当として欲しかった人材は、学生時代を謳歌し、なかには失敗したり涙したりと、様々な経験をしてきた学生です。 
そういった意味でこのインターンシップは、皆さんがこれから社会に旅立っていくにあたって、とても貴重な経験ができる素晴らしい機会です。ただしインターンシップに行っただけでは何も得られません。自分で考えて行動すること、それが素晴らしい経験になるのです。なかなか一歩を踏み出せないでいるみなさんは多いと思います。みなさんは失敗してもいい立場に今はいます。どんどん失敗して恥をかいてそして最後に達成感を是非味わってください。 
 

講師:久保田正彦(地域戦略 / マーケティングセミナー / 販促ツールデザイン支援 担当)

 
◆DESIGN STUDIO PROJECT-G 代表 
 
◆略 歴: 
 ・岡山県倉敷市出身(1964年) 
 ・東京造形大学 デザインマネージメント科 (1988年)卒業 
 ・プランニング テンション入社(1988年-1993年) アートレリーフのデザイン/制作/施工に従事 
 ・株式会社 クレスト 入社(1993年-2001年)マーケティング会社にて建設コンサルタントの支援業務に従事 
 ・2001年帰郷 DESIGN STUDIO PROJECT-Gとして独立 
 ・2006年から地元のクリエーターとCRIATIVE COLLABORATION 「倉式」type-KURAを立ち上げる 
  ボトムアップ型の地域活性化事業を始動。 
  雑誌「倉式」vol.00~vol.07まで8冊を編集・発刊。 
 ・以降、天領夏祭り企画チーム、一番街復活祭実行委員会、水辺のユニオン・コンソーシアム、 
  倉敷ジャム実行委員、一般社団法人水辺のユニオン(常務理事)、倉敷路地市庭実行委員などに参画 
 ・2010年- 国民文化祭(岡山)にて企業文化の展示イベント「龍の仕事展」を企画・開催・運営。 
 ・2012年- 倉敷芸術科学大学にて産学連携コーディネーターとしてインターンシップの手伝いを行う 
 ・2014年 D-INTERNSHIPを始動 
 ・2015年 くらしき作陽大学 非常勤講師 
 ・2016年 ノートルダム清心女子大学 非常勤講師 
 
◆賞歴:  ・2009年 アートコンペ 神々への贈り物 入選(京都) 
 
◆メッセージ: 
「人生、死ぬまで勉強」。大学を出れば、就職すれば勉強は終わりではありません。 
社会人も自らを高めるために日々勉強を続けているのです。高校までと、大学から大きく変わるのは、自分で自分を教育して行かなければならなくなるということです。 
早くその事に気づけば、就職など何も心配はありません。自分に降りかかる全てのことは自分次第だということです。世の中のせい、景気のせい、政治のせい、会社のせい、そんな事を言っている人は止まっている人達です。 
私たちと一緒に1歩1歩前へ進んで行きましょう。